Top > EX > 混沌の尖塔
last update: 2017-03-09 (木) 03:33:53

目次

初めに Edit

まず混沌の尖塔ではほぼエンドコンテンツとして実装されているので
生半可な装備では全くダメージを与えることができずPTの足を引っ張ることになるので、
ある程度の装備を整えてから行くことをお勧めします。

他のダンジョンとは違い最大6人までPTを組むことが可能です。
 
混沌の尖塔では大きく分けて3つの部屋から構成されているダンジョンである。
1部屋目、2部屋目は生きてさえいればいつかは突破することは可能と言えるだろう。
だが3部屋目ではボスのゲージが14/50ゲージに突入後水に潜り1~2ゲージ程回復し、その後わずかな間のみ攻撃可能となり
すぐにまた水に潜って回復をし、また出てくるといった行動を繰り返す。
このため生き残っている人数が少ない・火力が低いなどの原因でダメージ量が回復量を上回らない場合
HPゲージを減らすことができないため、実質クリアは不可能となってしまう。
 
 
この為、十分な火力と相手の動きをよく見て立ち回る慣れを必要とするダンジョンと言えよう。
 
 
復活回数は1人5回まで可能となり難易度が緩和された反面、何回も挑戦していると復活スクロールが非常に早く減ってしまうので
名誉の証などを使い十分な数のスクロールを用意しておくことをお勧めします。

4枚以下で死んでしまうと時間切れ後村に強制帰還となってしまうので注意が必要。

入場条件 Edit

  • キャラクターレベル70以上
  • 70lvになるとホールリスから受注できるクエストでをクリアすることにより入場可能となる
    (PTリーダーが入場権限を持っていればクエストをクリアしていなくても入場は可能)

報酬 Edit

攻略情報 Edit

混沌の尖塔のステージ構成としては
【スタート地点】→【広場】→【1部屋目ボス×3】→【聖所を含んだ広場】→【2部屋目ボス×4】→【3部屋目ボス×1】
となっている。
 
 
各広場には20匹程度の通常MOBが設置されており、特に問題なく進めるだろう。
 
 
【1部屋目】
1部屋目は『怒りのナラク』(以下怒り)、『冷血のナラク』(以下冷血)、『残酷のナラク』(以下残酷)この3体のボスが同時に出てくる。

ステージ北・東・西にそれぞれ攻撃可能な竜の頭の形をした柱があり、すべての柱のHPが0になると3体のボスは全てスタンする(しない時もある。バグ?)

なおこの柱は攻撃し始めると1分40秒からカウントダウンがスタートし、0になるとすべての柱のHPが全回復する。
柱のHPが回復するタイミングでスタンも解けてしまうので、できる限り早めの破壊すると良いだろう。
 
小技:一番最初ポータルを踏んでボスを出す前に2本の柱をHPを0にしておくと、ボスに邪魔されることなく1回目の破壊が可能
     (残酷のみ動き出すのが遅いため壊すのが早すぎると残酷はスタンしない可能性があるので注意)
 
ボスの見た目の特徴は怒りが白、残酷は紫、冷血は中間となっている。
 
各ナラクの攻撃、特徴
3匹の共通点:3匹とも柱を全て壊すとスタンする(しない場合もあり)。
            HPゲージが50本あり、34・24・14ゲージ突入時にスタンを解除。
            柱を破壊後のスタンはイリュのファントムクライングやガデのシールドリフレクションなどの重ね掛けでスタン解除
 
【怒りの攻撃・特徴】
この怒りのナラクが1部屋目での事故の原因ランキング1位を誇る。
だが、同時にしっかりと特徴を理解していれば比較的安全に倒せる。
 
 
移動手段:プレイヤーの近くにワープ・ゆっくりと歩く  の2パターン(極稀に走ることもある)
 
攻撃方法:怒りの攻撃方法は大きく分けて4パターンある。回転攻撃・掴み・レーザー・近接攻撃(2種)
この中でも掴みと回転攻撃はダメージ量が多く、多段ヒットするため即死の可能性が大。
 
掴み;ワープ後にのみしてくるので、近くにワープしてきたと思ったらすぐに離れるか、後ろに回り込もう。
    掴まれたらニミュエのスキル発動状態や、回復POTを使いすさまじいスピードでHPを回復しない限り死にます。
 
回転攻撃;通称『竜巻』と呼ばれている。SSA破壊をした後タゲを持っている人が少し離れると発動の可能性大
       なお回転攻撃前に体をねじる動作と同時に吸い込みがあるので、すぐに無敵スキルや、移動スキルなどを駆使して回避しよう。
       さらにこの回転攻撃は下にオレンジ色の円が出るのだが、攻撃範囲はこのオレンジ色の円より結構広いので注意が必要。
 
レーザー;2回硬直するレーザーを撃った後3つの玉を高速で撃ってくる。最初の2回のレーザーは見えないこともあるが、比較的にダメージ量が少ないのでしっかりその後の攻撃を横に移動するなどをして回避しよう。
 
近接攻撃;怒りと0距離にこの攻撃は此方にダメージを与えてくるモーションと与えてこないモーション(バグ?)がある。
       ダメージを与えてくるモーションは素早く前方を両手で交互に殴った後、ジャンプして衝撃波で攻撃してくる。
       ダメージを与えてこないモーションはゆっくり回りながら手や足で殴ってくる。
 
戦い方:怒りはスタンしている時のみ攻撃するのが良い。動き始めたらすぐに全員距離をとり、柱が回復するのを待ち再びスタンさせて攻撃をしよう。
       なお掴みや近接攻撃の後タゲを持ってる人が一定の距離をとると全く動かなくなる(通称:にらめっこ)ので動かなくなったら他の人は攻撃せずにそのまま待機しよう。
       にらめっこ状態で拘束できるので、倒すのは一番最後にゆっくりとするのが良いだろう。
 
小技:少人数で全員防御力もあれば0距離で戦い続けることにより近接攻撃しかしてこなくなるので、慣れてきたら試してみよう。
   ※衝撃波で吹っ飛んだ場合高確率で回転攻撃が来るので衝撃波はSAや無敵スキルで耐えるようにすること。