A B バックアップの日付 ソース 変換して表示
現在の内容 表示 ページへ移動
0 (2013-07-02 (火) 13:07:56)表示変換
1 (2013-07-02 (火) 03:37:40)表示変換
2 (2011-11-03 (木) 04:40:05)表示変換
3 (2011-10-17 (月) 00:55:00)表示変換
4 (2011-10-13 (木) 01:06:59)表示変換
5 (2011-09-29 (木) 15:58:15)表示変換
6 (2011-09-18 (日) 05:14:01)表示変換
7 (2011-09-05 (月) 22:57:58)表示変換
8 (2011-09-05 (月) 04:52:20)表示変換
9 (2011-08-19 (金) 20:41:40)表示変換
10 (2011-08-18 (木) 18:50:26)表示変換
11 (2011-08-10 (水) 18:54:18)表示変換
12 (2011-08-04 (木) 02:49:13)表示変換
13 (2011-08-02 (火) 12:38:20)表示変換
14 (2011-08-02 (火) 04:04:26)表示変換
15 (2011-08-01 (月) 14:05:49)表示変換
16 (2011-07-25 (月) 23:24:00)表示変換
17 (2011-07-25 (月) 16:23:05)表示変換
18 (2011-07-24 (日) 18:49:41)表示変換
19 (2011-07-24 (日) 14:16:25)表示変換
20 (2011-07-22 (金) 19:13:24)表示変換

公式サイトのゲームパッド操作ガイド

http://c9.gamechu.jp/notices/29?page=2

ReloadJoyStickコマンドはプレオープンテスト時の設定方法であり
現在は ESC → 環境設定 → その他設定 でパッドの設定が出来ます




キーカスタマイズ方法

上記のキー設定では上手く行かない人のためのキー設定の詳細な編集方法です
今後キーコンフィグなどの実装によりこの記事は意味のないものになる可能性もあります

まずはC9のインストール先のフォルダを開きましょう(\GameOn\C9)
その中にある JoyPad.ini をテキスト編集できるソフトで開きましょう(例:メモ帳やワードパッド)


ここで編集前にJoyPad.iniをドラッグ&ドロップなどで適当な場所へコピーを作成しておくこと


間違えたり動作が変になった場合に元に戻すために必要ですので必ずバックアップしておきましょう
ここからは最低限必要と思われる項目だけ説明をしますので全ての詳細は書きません


[INITIALIZATION]

SensivityMouse = 5

 左スティックでのマウスの感度です、数値をあげると動きが早くなります
 マウスが勝手に動いて困っている人はここを0にすると勝手にマウスが動かなくなります

SensivityStick = 15

 右スティックの感度ですが最低でも5はないと視点変更が出来なくなる可能性があります
 視点が勝手に動いて困っている人はこの数値を5~10に下げて
 ゲーム内でESC → 環境設定 → ゲーム → マウスとカメラの水平を高いにすれば若干は改善するかもしれません


[PADMAKER0]~[PADMAKER4]

これはゲーム内のESC → 環境設定 → その他設定 のパッドタイプに上から順番に対応しています
おそらく[PADMAKER5][PADMAKER6]などと自分で追記していくことも可能だと思います(未確認)

もし自分が使用しているパッドのキーの位置が変な人は対応箇所を変更してください
基本的にあまり触る必要のない項目なので詳細は省略します


[JOYPAD0]

 ESC → 環境設定 → その他設定 → 選択タイプ → Type1のキー設定

[JOYPAD1]

 ESC → 環境設定 → その他設定 → 選択タイプ → Type2のキー設定


MOVE_UP[W] = 前移動
MOVE_LEFT[A] = 左移動
MOVE_DOWN[S] = 後ろ移動
MOVE_RIGHT[D] = 右移動

Catch[E] = 投げ技
Rooting[R] = アイテムを拾う
Guard[Q] = ガード
Special[F] = キック(追い討ち)
Jump[SPACE] = ジャンプ

MouseLClick = 通常攻撃
MouseRClick = 補助攻撃
MouseWheel = カーソル表示、非表示の切り替え

Exit[ESC] = メニュー表示
Shift[LSHIFT] = シフトキー(押しながら移動でダッシュ)
Rush[INSERT] = ラッシュ
RotatingToggle = 拾うアイテムの選択?(未確認)

SHORTCUT_1 = スロット1
SHORTCUT_2 = スロット2
SHORTCUT_3 = スロット3
SHORTCUT_4 = スロット4
SHORTCUT_5 = スロット5
SHORTCUT_6 = スロット6
SHORTCUT_7 = スロット7
SHORTCUT_8 = スロット8
SHORTCUT_9 = スロット9
SHORTCUT_10 = スロット10

SHORTCUT_Z = スロットZ
SHORTCUT_X = スロットX
SHORTCUT_C = スロットC
SHORTCUT_V = スロットV
SHORTCUT_B = スロットB
SHORTCUT_G = スロットG
SHORTCUT_T = スロットT
SHORTCUT_N = スロットN

SHORTCUT_UP = ショートカットを変更(次へ)
SHORTCUT_DOWN = ショートカットを変更(前へ)
TURN[180] = 視点を真後ろに反転


以下はあまり重要ではないキー設定です

CURSOR_SHOW = カーソルの表示、非表示(MouseWheelと同じ)
INVENTORY = インベントリを開く
MAP = マップの表示、非表示

GUILD = ギルド情報
CHARACTER = キャラクター情報
SKILL = スキル情報
QUEST = クエスト情報
ARTISAN = 職人情報
COMMUNITY = コミュニティ情報
CAPTURE = 動画を撮る(F11の操作)
MISSION_RESTART = リトライ
RETURN_VILLAGE = 村に戻る


これらの = の後ろを変更することにより自由にキーを配置することが可能です
例えば MouseLClick = BUTTON1 とすればパッドのボタン1で通常攻撃を行います

そして = の後ろを空白にすることによりそのキー設定を無効にできます
キーの詳しい記述方法は以下の通りです


LSTICKUP 左アナログスティックを上に
LSTICKDOWN 左アナログスティックを下に
LSTICKLEFT 左アナログスティックを左に
LSTICKRIGHT 左アナログスティックを右に

CROSSUP 十時キーを上に
CROSSDOWN 十時キー下に
CROSSLEFT 十時キーを左に
CROSSRIGHT 十時キーを右に

BUTTON1 ボタン1
BUTTON2 ボタン2
BUTTON3 ボタン3
BUTTON4 ボタン4

LSHIFT1 Lキー1
LSHIFT2 Lキー2
RSHIFT1 Rキー1
RSHIFT2 Rキー2

SELECT セレクトボタン
START スタートボタン

LSTICK 左アナログボタン (基本的に下記の_DOWNオプションの使用をお勧め)
RSTICK 右アナログボタン (L or RSTICK_DOWNと記述するのが無難)


これらのキーの後ろに以下を追記することでキーの押し方の指定が出来ます

_PRESS キーを押したままにする
_UP キーを離す
_DOWN キーを押す
_SHORTDOWN キーを軽く押す
_LONGDOWN キーを長く押す
_DOUBLECLICK キーを連続で2回押す
 キーを組み合わせる(同時押し設定)

例えば SHORTCUT_1 = LSHIFT1_PRESS+BUTTON1_UP とすれば
Lキー1を押しながらボタン1を離せばスロット1のスキルが発動、となります




便利な小枝

Type1とType2がゲーム中いつでも簡単に切り替えれることから
Type1はファイター用の操作設定、Type2はハンター用の操作設定などの使い方もあります

またゲームを立ち上げたままでも JoyPad.ini を編集して上書き保存をしたあとに
ESC → 環境設定 → その他設定 でパッド設定を表示させたあと そのまま何もせず
OKボタンを押して環境設定を終了させると保存した JoyPad.ini の内容が即座に反映されます


設定が全て完了して保存したら再び JoyPad.iniをバックアップ しておくことをお勧めします
アップデートなどでパッチがあたると JoyPad.iniが初期化される ためです

パッチを当てたあとなどはバックアップしたファイルをそのまま上書きすれば
記述の仕様変更などが無い限りはそのまま使えると思います